開心寺址石塔(読み)かいしんじしせきとう

百科事典マイペディアの解説

開心寺址石塔【かいしんじしせきとう】

韓国,慶尚北道醴泉郡の開心寺址に建つ2重基壇・4角5層の石塔。1009年に造られた新羅様式のもので,仁王十二神将などの浮彫があり,高麗(こうらい)初期の美術・建築資料として貴重。
→関連項目高麗

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいしんじしせきとう【開心寺址石塔 Kaesim‐saji‐sŏktap】

韓国,慶尚北道醴泉郡醴泉面の開心寺址にある5層の石塔。上成基壇蓋石下面の銘により1009年(高麗穆宗12)の造立が明らかで,高麗時代に定型化する新羅式系統の代表的石塔である。下成基壇に十二支像,上成基壇に八部神将像,初層塔身南面に門扉形とその左右に仁王像の浮彫がある。【宮本 長二郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android