十二神将(読み)じゅうにじんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二神将
じゅうにじんしょう

薬師如来の取巻き,あるいは分身といわれる 12の神将。『薬師経』を誦持するものを守護するといわれる。宮毘羅 (くびら) ,伐折羅 (ばさら) ,迷企羅 (めきら) ,安底羅 (あんてら) ,あんに羅 (あんにら) ,珊底羅 (さんてら) ,因達 (陀) 羅 (いんだら) ,波夷羅 (はいら) ,摩虎羅 (まこら) ,真達羅 (しんだら) ,招杜羅 (しゃとら) ,毘羯羅 (びから) の 12神。いずれも甲冑に身を固め,忿怒相を示し,手にはそれぞれ武器,武具を持ち威圧的な姿態で表現される。なお日本で平安時代以降のものには,頭に十二支の冠を着けたものがある。遺品として新薬師寺塑像 (天平時代) ,広隆寺木像 (平安時代) ,興福寺の木像板彫 (平安時代) などが著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうに‐じんしょう〔ジフニジンシヤウ〕【十二神将】

薬師如来の12の誓願に応じ、薬師経を読誦する者を守護する12の夜叉(やしゃ)大将諸仏の化身とされ、12刻に配される。日本の造像では天平時代新薬師寺塑像が最古。平安時代以降、頭上に十二支の動物をつけたものが現れるが、諸仏と結びつけるについては諸説がある。十二神明。十二神明王。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

十二神将【じゅうにしんしょう】

仏教の守護神。薬師如来に属し,行者を保護する12人の神将。昼夜十二の護法神ともいわれ,十二支に当てることもある。宮毘羅(くびら),伐折羅(ばさら),迷企羅(めきら),安底羅(あんてら),【あん】【に】羅(あんにら),珊底羅(さんてら),因陀羅(いんだら),波夷羅(はいら),摩虎羅(まこら),真達羅(しんだら),招杜羅(しゃとら),毘羯羅(びから)。奈良市の新薬師寺の塑像は天平期の作で日本最古のもの。
→関連項目開心寺址石塔天部毘沙門天薬師

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうにじんしょう【十二神将】

〈薬師経〉を信奉する者を守る12の夜叉神将のことで,十二夜叉大将,十二神王などとも呼ばれる。薬師如来の眷属(けんぞく)であり,薬師如来像の侍者として表現される。12尊の名称は諸説あるが,玄奘訳《薬師瑠璃光如来本願功徳経》には宮毘羅(くびら),伐折羅(ばさら),迷企羅(めきら),安底羅(あんてら),頞儞羅(あんにら),珊底羅(さんてら),因達羅(いんだら),波夷羅(はいら),摩虎羅(まこら),真達羅(しんだら),招杜羅(しやとら),毘羯羅(びから)と記される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうにじんしょう【十二神将】

薬師如来につき従い、薬師経を行ずる人を守護する一二の夜叉大将。それぞれ諸仏を本地とし、順に子から亥までの一二時を守るとされる。十二神。薬師十二神将。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二神将
じゅうにしんしょう

薬師如来(やくしにょらい)の12の眷属(けんぞく)(または分身)で、8万4000あるうちの上首に位置する。十二薬叉(やくしゃ)(夜叉(やしゃ))大将ともいう。『薬師本願功徳経(ほんがんくどくきょう)』を誦持(じゅじ)する者を守り、その出現のようすは薬師如来の12の大願に順応して現れるという。すなわち、(1)宮毘羅(くびら)、(2)伐折羅(ばさら)、(3)迷企羅(めいきら)、(4)安底羅(あんちら)、(5)摩(まにら)、(6)珊底羅(さんちら)、(7)因陀羅(いんだら)、(8)婆夷羅(ばいら)、(9)摩虎羅(まこら)、(10)真達羅(しんだら)、(11)招杜羅(しょうとら)、(12)毘羯羅(びから)の大将で、いずれも憤怒形である。名称は前述の『薬師経』に、身色や持ち物は『七仏本願経儀軌供養法(しちぶつほんがんきょうぎきくようほう)』に基づく。経典では十二支と関係はないが、昼夜12時を護持するという理由から十二支をシンボルとして付属させる。基本的には、十二支がないものを古様(こよう)、あるものを新様という。図像では醍醐寺(だいごじ)本『十二神将図』、彫刻では新薬師寺の塑像(天平(てんぴょう)時代、宮毘羅を除く11躯(く)は国宝)が最古。ほかに広隆寺の木像(平安後期、国宝)や興福寺の木像(鎌倉時代)および板彫(平安後期、ともに国宝)、画像では高野山(こうやさん)桜池院(ようちいん)の『薬師十二神将』が著名。人身獣頭の像もある。[真鍋俊照]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうに‐じんしょう ジフニジンシャウ【十二神将】

仏語。薬師如来の名号を聞いて仏教に帰依し、薬師経を受持する者や読誦する者を守護し、願いを遂げさせるという一二の大将。宮毘羅(くびら)大将(本地は彌勒で子神)・伐折羅(ばさら)大将(本地は彌陀で丑神)・迷企羅(めきら)大将(本地は勢至で寅神)・安底羅大将(本地は観音で卯神)・頞儞羅(あじら)大将(本地は如意輪で辰神)・珊底羅大将(本地は虚空蔵で巳神)・因陀羅(いんだら)大将(本地は地蔵で午神)・波夷羅(はいら)大将(本地は文殊で未神)・摩虎羅(まこら)大将(本地は大威徳で申神)・真達羅(しんだら)大将(本地は普賢で酉神)・招杜羅(しょうとら)大将(本地は大日で戌神)・毘羯羅(びから)大将(本地は釈迦で亥神)。十二神。
[補注]十二神将それぞれに付記した本地名、十二支名は、本地垂迹説および十二支の思想との接合によって対応・配当されるもので、薬師経自体では触れていない。十二支神は昼夜一二時を護持するという理由から対応させる。十二支がないものを古様、あるものを新様という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の十二神将の言及

【薬師】より

…薬師は菩薩時代に12の大願を立て(その中に自分の名を聞く者を不具や病気から救うという項目がある),仏となって東方の浄瑠璃世界の主となり,日光菩薩,月光菩薩(日光・月光)を従えている。死の病人を救うために薬師如来に祈る供養法(続命法)が行われ,また薬師経を唱える信者を十二神将が守護するとも説かれる。別に七仏薬師(しちぶつやくし)の伝承があり,これによると東方に次々に如来がおり,最も遠い第7の如来が薬師であるとされる。…

※「十二神将」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十二神将の関連情報