コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二神将 じゅうにじんしょう

6件 の用語解説(十二神将の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二神将
じゅうにじんしょう

薬師如来の取巻き,あるいは分身といわれる 12の神将。『薬師経』を誦持するものを守護するといわれる。宮毘羅 (くびら) ,伐折羅 (ばさら) ,迷企羅 (めきら) ,安底羅 (あんてら) ,あんに羅 (あんにら) ,珊底羅 (さんてら) ,因達 (陀) 羅 (いんだら) ,波夷羅 (はいら) ,摩虎羅 (まこら) ,真達羅 (しんだら) ,招杜羅 (しゃとら) ,毘羯羅 (びから) の 12神。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅうに‐じんしょう〔ジフニジンシヤウ〕【十二神将】

薬師如来の12の誓願に応じ、薬師経を読誦する者を守護する12の夜叉(やしゃ)大将。諸仏の化身とされ、12刻に配される。日本の造像では天平時代新薬師寺塑像が最古。平安時代以降、頭上に十二支の動物をつけたものが現れるが、諸仏と結びつけるについては諸説がある。十二神明。十二神明王。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

十二神将【じゅうにしんしょう】

仏教の守護神薬師如来に属し,行者を保護する12人の神将。昼夜十二の護法神ともいわれ,十二支に当てることもある。宮毘羅(くびら),伐折羅(ばさら),迷企羅(めきら),安底羅(あんてら),【あん】【に】羅(あんにら),珊底羅(さんてら),因陀羅(いんだら),波夷羅(はいら),摩虎羅(まこら),真達羅(しんだら),招杜羅(しゃとら),毘羯羅(びから)。
→関連項目開心寺址石塔天部毘沙門天薬師

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうにじんしょう【十二神将】

〈薬師経〉を信奉する者を守る12の夜叉神将のことで,十二夜叉大将十二神王などとも呼ばれる薬師如来の眷属(けんぞく)であり,薬師如来像の侍者として表現される。12尊の名称は諸説あるが,玄奘訳《薬師瑠璃光如来本願功徳経》には宮毘羅(くびら),伐折羅(ばさら),迷企羅(めきら),安底羅(あんてら),頞儞羅(あんにら),珊底羅(さんてら),因達羅(いんだら),波夷羅(はいら),摩虎羅(まこら),真達羅(しんだら),招杜羅(しやとら),毘羯羅(びから)と記される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅうにじんしょう【十二神将】

薬師如来につき従い、薬師経を行ずる人を守護する一二の夜叉大将。それぞれ諸仏を本地とし、順に子から亥までの一二時を守るとされる。十二神。薬師十二神将。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二神将
じゅうにしんしょう

薬師如来(やくしにょらい)の12の眷属(けんぞく)(または分身)で、8万4000あるうちの上首に位置する。十二薬叉(やくしゃ)(夜叉(やしゃ))大将ともいう。『薬師本願功徳経(ほんがんくどくきょう)』を誦持(じゅじ)する者を守り、その出現のようすは薬師如来の12の大願に順応して現れるという。すなわち、(1)宮毘羅(くびら)、(2)伐折羅(ばさら)、(3)迷企羅(めいきら)、(4)安底羅(あんちら)、(5)摩(まにら)、(6)珊底羅(さんちら)、(7)因陀羅(いんだら)、(8)婆夷羅(ばいら)、(9)摩虎羅(まこら)、(10)真達羅(しんだら)、(11)招杜羅(しょうとら)、(12)毘羯羅(びから)の大将で、いずれも憤怒形である。名称は前述の『薬師経』に、身色や持ち物は『七仏本願経儀軌供養法(しちぶつほんがんきょうぎきくようほう)』に基づく。経典では十二支と関係はないが、昼夜12時を護持するという理由から十二支をシンボルとして付属させる。基本的には、十二支がないものを古様(こよう)、あるものを新様という。図像では醍醐寺(だいごじ)本『十二神将図』、彫刻では新薬師寺の塑像(天平(てんぴょう)時代、宮毘羅を除く11躯(く)は国宝)が最古。ほかに広隆寺の木像(平安後期、国宝)や興福寺の木像(鎌倉時代)および板彫(平安後期、ともに国宝)、画像では高野山(こうやさん)桜池院(ようちいん)の『薬師十二神将』が著名。人身獣頭の像もある。[真鍋俊照]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の十二神将の言及

【薬師】より

…薬師は菩薩時代に12の大願を立て(その中に自分の名を聞く者を不具や病気から救うという項目がある),仏となって東方の浄瑠璃世界の主となり,日光菩薩,月光菩薩(日光・月光)を従えている。死の病人を救うために薬師如来に祈る供養法(続命法)が行われ,また薬師経を唱える信者を十二神将が守護するとも説かれる。別に七仏薬師(しちぶつやくし)の伝承があり,これによると東方に次々に如来がおり,最も遠い第7の如来が薬師であるとされる。…

※「十二神将」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十二神将の関連キーワード薬師経十六善神ネオファシスト八大夜叉飛行夜叉操を守る薬師講跡を守る王子を守る者ケインジアン(Keynesian)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十二神将の関連情報