開放型燃焼器具(読み)かいほうがたねんしょうきぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開放型燃焼器具
かいほうがたねんしょうきぐ

燃焼廃ガスを室内に放出する燃焼器具。火鉢いろり,煙突のついていないガスストーブ石油ストーブガスこんろなどがこれに属する。室内空気を廃ガスで汚染するばかりでなく,気密な部屋で使用すると室内空気中の酸素量も低下するので,30分に1回程度,窓を開けて空気を入替えるなど部屋の換気に注意しなくてはならない。建築基準法の規定により換気量は燃焼廃ガスの理論量の 40倍程度必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android