閑清縫い(読み)カンセイヌイ

デジタル大辞泉の解説

かんせい‐ぬい〔‐ぬひ〕【閑清縫い】

袋物などの端を、糸を現したまま左右から打ち違えてからげ縫うこと。また、そのように縫ったもの。「閑清」はこれを始めた人の名という。かんせんぬい。

かんせん‐ぬい〔‐ぬひ〕【閑清縫い】

かんせいぬい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんせいぬい【閑清縫い】

袋物の縁を始末する時、糸を現したまま、打ち違いにからげ縫いにしたもの。縫い始めた人の名からという。かんせんぬい。

かんせんぬい【閑清縫い】

閑清縫かんせいぬい」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android