コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑職神 かんしょくしんDeus otiosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閑職神
かんしょくしん
Deus otiosus

宗教学の用語で,世界および人間と具体的かかわりをほとんどもたない最高神的存在をさす。閑神ともいう。天の最高所に,あまりにもこの世から隔絶した存在であるため,人間の日常生活に干渉することのほとんどない至高の神がおわすという信仰は,世界の多くの民族に共通して見出される。日本のアメノミナカヌシノカミも,このような閑職神的最高神の典型的な一例とみることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

閑職神の関連キーワードアステカ文化宗教学

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android