近間(読み)ちかま

精選版 日本国語大辞典「近間」の解説

ちか‐ま【近間】

〙 (形動) 距離が近いこと。近いところ。近所近辺。また、そのさま。
※おぼろ夜(1899)〈斎藤緑雨〉「近(チカマ)な処と火の見下へ別に世帯を持たせたに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「近間」の解説

ちか‐ま【近間】

あまり離れていない場所。近所。「買物はなるべく近間で済ませる」
[類語]近場近所近隣最寄り隣近所近く付近近辺近傍界隈かいわい近回りそのへんそばわき片脇傍ら片方かたえ横手横合い四隣しりん隣組向こう三軒両隣りょうどなり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android