コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間島冬道 まじま ふゆみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間島冬道 まじま-ふゆみち

1827-1890 江戸後期-明治時代の武士,歌人。
文政10年10月8日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。和歌を熊谷直好(なおよし)にまなぶ。維新後は大宮県知事などをつとめる。のち第十五国立銀行支配人。明治19年歌所寄人(よりゅうど)。明治23年9月30日死去。64歳。初名は正興,正休。通称は万次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

間島冬道の関連キーワード関戸松下軒明治時代間島弟彦

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android