コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷直好 くまがい なおよし

美術人名辞典の解説

熊谷直好

江戸後期の歌人。周防生。初名は信賢、通称は助左衛門・勘作。香川景樹に師事する。文久2年(1862)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くまがい‐なおよし〔‐なほよし〕【熊谷直好】

[1782~1862]江戸後期の歌人。岩国藩士。脱藩して大坂へ行き、香川景樹(かがわかげき)に師事。家集「浦の汐貝」、著「梁塵後抄」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

熊谷直好【くまがいなおよし】

江戸後期の歌人。幼名八十八,後に助左衛門。周防(すおう)岩国藩士。16歳で香川景樹に和歌の添削を受け,19歳で上洛,景樹に師事。木下幸文(たかふみ)とともに桂園の双璧と称される。
→関連項目木下幸文

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷直好 くまがい-なおよし

1782-1862 江戸時代後期の歌人。
天明2年2月8日生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国藩士。香川景樹(かげき)(桂園)の門人。香川家の紛争にかかわって脱藩。京坂で歌学に専念し,木下幸文(たかふみ)とともに桂園の双璧(そうへき)と称された。文久2年8月8日死去。81歳。通称は助左衛門。号は軽舟亭,長春亭。家集に「浦のしほ貝」,注釈書に「梁塵後抄(りょうじんこうしょう)」など。
【格言など】池水に見えてのみふる春雨は音きくよりも寂しかりけり(「浦のしほ貝」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

熊谷直好

没年:文久2.8.8(1862.9.1)
生年:天明2.2.8(1782.3.21)
江戸中・後期の歌人。名信賢。通称八十八,助左衛門。号軽舟亭,長春亭。周防(山口県)岩国藩士。19歳で香川景樹に入門。景樹が京の香川梅月堂(景柄)から離縁されると,直好も脱藩して京坂を根拠地に景樹門下の代表として活躍した。直好の景樹尊重の念は,景樹没後の景恒の代にまでおよんだ。歌風,歌学ともに師の忠実なる継承者と自認し,『古今和歌集正義』の補正として『古今集正義序註追考』等を著す。家集に『浦のしほ貝』『浦のしほ貝拾遺』がある。独自性において,並び称された木下幸文に一歩譲る。<参考文献>兼清正徳『熊谷直好伝』

(久保田啓一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くまがいなおよし【熊谷直好】

1782‐1862(天明2‐文久2)
江戸後期の歌人,歌学者。周防国岩国に生まれる。16歳で香川景樹に入門,岩国藩の物頭・究方を務めながら,歌人として頭角をあらわし,木下幸文(たかふみ)と並んで桂園の双璧とされるにいたった。家集に《浦の汐貝》《浦の汐貝拾遺》等がある。歌学者としての業績に,師景樹の説を継承した《古今集正義序註追考》等があり,なかでも神楽,催馬楽の注解《梁塵後抄》が有名。【佐佐木 幸綱】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くまがいなおよし【熊谷直好】

1782~1862) 江戸後期の歌人。岩国の人。香川景樹に師事。桂園十哲の一人。歌風は流麗。著「梁塵後抄」「法曹至要抄註釈」、歌集「浦の汐貝」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊谷直好
くまがいなおよし

[生]天明2(1782).岩国
[没]文久2(1862).8.8. 大坂
江戸時代後期の歌人。名は信賢,のち直好と改名。通称,八十八,のち助左衛門。岩国藩の家臣の家に生れ,香川景樹に師事し,木下幸文 (たかぶみ) とともに桂園派の双璧といわれた。師の歌風,歌論を継承したが,一層平淡な歌風。歌集『浦の汐貝』 (1845) ,『浦の汐貝拾遺』 (56) ,神楽 (かぐら) ,催馬楽 (さいばら) の注釈書『梁塵後抄』 (59) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊谷直好
くまがいなおよし
(1782―1862)

江戸後期の歌人。周防(すおう)(山口県)岩国藩士。通称は八十八(やそはち)、のち助左衛門。号は長春亭。香川景樹(かげき)(桂園(けいえん))に和歌を学び、景樹の梅月堂扶持(ふち)争いにかかわって脱藩し、大坂に出て歌学に専念した。景樹門人1000人のうち、十哲といい四天王といい双璧(そうへき)というなかでかならず筆頭に置かれ、穏健な作風をもって知られる。景樹の『古今和歌集正義』序の解釈で八田知紀(はったとものり)と論争した『古今集正義総論補註(ほちゅう)』『同論弁』の歌論書、家集『浦の汐貝(しおがい)』『同拾遺』などのほか、和楽を好んで『梁塵後抄(りょうじんこうしょう)』の著もある。文久(ぶんきゅう)2年8月8日没、81歳。法名は不識庵香一居士(ふしきあんこういちこじ)[兼清正徳]
 山居冬到 終夜(よもすがら)まつのほだ火を焼(たき)明しわらぐつ打ん冬はきにけり
『兼清正徳著『熊谷直好伝』(1965・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

熊谷直好 (くまがいなおよし)

生年月日:1782年2月8日
江戸時代後期の歌人
1862年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

熊谷直好の関連キーワード和歌四天王勝野秀雄生年月日加藤行虎八田知紀間島冬道伊藤義足吉田利和

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android