コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間架税 かんかぜい Jiān jià shuì

1件 の用語解説(間架税の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんかぜい【間架税 Jiān jià shuì】

中国古代の家屋税。〈けんかぜい〉ともいう。唐の徳宗の建中年間(780‐783),藩鎮の内乱のため財政が迫(ひつぱく)し,種々の臨時課税が提案されたときに始まる。架(けた)2本につき1間とかぞえ,間ごとに住宅の質に応じて上2000銭,中1000銭,下500銭の割りで課税した。軍事費のための無理な徴税であったので評判が悪く,まもなく784年(興元1)初の赦で廃止された。のちには都市の商店を対象に屋税を課すのが一般となり,房捐(ぼうえん)などと呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の間架税の言及

【間架税】より

…中国古代の家屋税。〈けんかぜい〉ともいう。唐の徳宗の建中年間(780‐783),藩鎮の内乱のため財政が迫(ひつぱく)し,種々の臨時課税が提案されたときに始まる。架(けた)2本につき1間とかぞえ,間ごとに住宅の質に応じて上2000銭,中1000銭,下500銭の割りで課税した。軍事費のための無理な徴税であったので評判が悪く,まもなく784年(興元1)初の赦で廃止された。のちには都市の商店を対象に屋税を課すのが一般となり,房捐(ぼうえん)などと呼ばれた。…

※「間架税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

間架税の関連キーワード家屋税兼愛盗跖屋税αS1カゼインカゼインカルシウムカゼイン繊維カゼインミセル酸カゼインヨードカゼイン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone