コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間架税 かんかぜいJiān jià shuì

1件 の用語解説(間架税の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんかぜい【間架税 Jiān jià shuì】

中国古代の家屋税。〈けんかぜい〉ともいう。唐の徳宗の建中年間(780‐783),藩鎮の内乱のため財政が迫(ひつぱく)し,種々の臨時課税が提案されたときに始まる。架(けた)2本につき1間とかぞえ,間ごとに住宅の質に応じて上2000銭,中1000銭,下500銭の割りで課税した。軍事費のための無理な徴税であったので評判が悪く,まもなく784年(興元1)初の赦で廃止された。のちには都市の商店を対象に屋税を課すのが一般となり,房捐(ぼうえん)などと呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の間架税の言及

【間架税】より

…中国古代の家屋税。〈けんかぜい〉ともいう。唐の徳宗の建中年間(780‐783),藩鎮の内乱のため財政が迫(ひつぱく)し,種々の臨時課税が提案されたときに始まる。架(けた)2本につき1間とかぞえ,間ごとに住宅の質に応じて上2000銭,中1000銭,下500銭の割りで課税した。軍事費のための無理な徴税であったので評判が悪く,まもなく784年(興元1)初の赦で廃止された。のちには都市の商店を対象に屋税を課すのが一般となり,房捐(ぼうえん)などと呼ばれた。…

※「間架税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone