コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間頭 ケンガシラ

デジタル大辞泉の解説

けん‐がしら【間頭】

江戸時代、検地に用いた長さ約4メートルのさお。田畑四隅に立てた。細見竹(さいみだけ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんがしら【間頭】

江戸時代の検地用具で、田畑の測量に四隅に立てた竿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間頭の関連キーワード浜の家 お花杉百合之助工藤昭四郎岡野喜太郎守分 十江戸時代渡辺甚吉岡崎忠中間測量

間頭の関連情報