コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関口開 せきぐち ひらき

2件 の用語解説(関口開の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関口開 せきぐち-ひらき

1842-1884 幕末-明治時代の数学者。
天保(てんぽう)13年6月29日生まれ。和算を滝川秀蔵に,西洋数学を戸倉伊八郎にまなび,石川県の師範学校などでおしえた。チェンバーの数学書を翻訳改訂し明治6年出版した「新撰数学」は十余年で22万部をかぞえた。明治17年4月12日死去。43歳。加賀(石川県)出身。本姓は松原。名ははじめ安次郎,甚之丞(じんのじょう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

関口開

没年:明治17.4.12(1884)
生年:天保13.7(1842)
明治初期の数学者,教育者。金沢(加賀)藩士の臣松原信吾の子として金沢に生まれ,関口家の養子となる。実兄匠作と滝川秀蔵に和算を学ぶ。金沢藩が長州藩から招いた蘭学の戸倉伊八郎に学び,破門されたが,維新後は洋算に転じて独学で微積分まで習得する。明治2(1869)年藩校の洋学教師となり,金沢の数学教育中心人物として多くの弟子を輩出。河合十太郎はそのひとり。明治初期の金沢の数学の水準の高さは彼に帰せられよう。関口は洋算家であるが,その指導法は和算的であった。明治6年の『新撰数学』は改版6回,総計22万部ものベストセラーとなった。<参考文献>日本科学史学会編『日本科学技術史大系』8巻,12巻

(佐藤賢一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関口開の関連キーワード小倉金之助フワーリズミー遠山啓教育者林鶴一阿部八代太郎荒川重平小川直子国枝元治深井仁子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関口開の関連情報