関屋 貞三郎(読み)セキヤ テイザブロウ

20世紀日本人名事典「関屋 貞三郎」の解説

関屋 貞三郎
セキヤ テイザブロウ

明治〜昭和期の内務官僚,政治家 貴院議員(勅選);宮内次官。



生年
明治8年5月4日(1875年)

没年
昭和25(1950)年6月10日

出生地
栃木県

学歴〔年〕
東京帝大法科大学英法科〔明治32年〕

経歴
昭和32年内務省に入省。33年台湾総督府参事官、内相秘書官、満鉄創立委員、関東都督府民政部長、朝鮮総督府学務局長、同中枢院書記官長、宮内省宗秩寮審議官などを経て、大正8年静岡県知事、10年宮内次官となった。以来東宮外遊、東宮結婚、第十五銀行問題処理などに当たり、昭和8年辞任、貴院議員。17年日本学術振興会総務部長、18年大日本母子愛育会副会長兼理事長、21年枢密顧問官。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「関屋 貞三郎」の解説

関屋 貞三郎
セキヤ テイザブロウ


肩書
貴院議員(勅選),宮内次官

生年月日
明治8年5月4日

出生地
栃木県

学歴
東京帝大法科大学英法科〔明治32年〕卒

経歴
昭和32年内務省に入省。33年台湾総督府参事官、内相秘書官、満鉄創立委員、関東都督府民政部長、朝鮮総督府学務局長、同中枢院書記官長、宮内省宗秩寮審議官などを経て、大正8年静岡県知事、10年宮内次官となった。以来東宮外遊、東宮結婚、第十五銀行問題処理などに当たり、昭和8年辞任、貴院議員。17年日本学術振興会総務部長、18年大日本母子愛育会副会長兼理事長、21年枢密顧問官。

没年月日
昭和25年6月10日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「関屋 貞三郎」の解説

関屋 貞三郎 (せきや ていざぶろう)

生年月日:1875年5月4日
明治時代-昭和時代の官僚;政治家。静岡県知事;貴族院議員
1950年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android