コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関思亮(読み)せき しりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関思亮 せき-しりょう

1796-1830 江戸時代後期の書家。
寛政8年10月23日生まれ。関克明(こくめい)の子。常陸(ひたち)(茨城県)土浦藩士。父にまなび,藩の右筆手伝などをつとめる。書法金石学などに通じ,父の「行書類纂(るいさん)」の編集をたすけた。文政13年9月27日死去。35歳。字(あざな)は世達(としさと)。通称は源吉。号は東陽,海棠庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android