コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関思亮 せき しりょう

1件 の用語解説(関思亮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関思亮 せき-しりょう

1796-1830 江戸時代後期の書家。
寛政8年10月23日生まれ。関克明(こくめい)の子。常陸(ひたち)(茨城県)土浦藩士。父にまなび,藩の右筆手伝などをつとめる。書法や金石学などに通じ,父の「行書類纂(るいさん)」の編集をたすけた。文政13年9月27日死去。35歳。字(あざな)は世達(としさと)。通称は源吉。号は東陽,海棠庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関思亮の関連キーワード白川芝山梅沢敬典桂直行佐野東洲中川南山秦星塢畠中西岳平井雅斎平林東谷堀松碩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone