関東自動車工業(読み)かんとうじどうしゃこうぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関東自動車工業
かんとうじどうしゃこうぎょう

トヨタ系の商業車・乗用車の車体メーカー。 1942年海雄会として設立,46年関東電気自動車製造と改称,50年現社名に変更。当初は電気自動車,バスのボディを製造していたが,50年以降トヨタ車の車体メーカーに転換して急速に成長,66年トヨタグループに参加。車体のほか各種関連部品の製造も行う。売上構成比は,マーク II20%,クレスタ8%,カローラ 21%,スパシオ 15%,アルテッツァ 13%,その他 23%。年間売上高 3398億 7900万円 (連結) ,資本金 68億 5000万円,従業員数 5901名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関東自動車工業の関連情報