コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関為山 せき いざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関為山 せき-いざん

1804-1878 江戸後期-明治時代の俳人。
文化元年生まれ。桜井梅室門人。幕府の御用左官。明治6年教部省の俳諧(はいかい)教導職となり,翌年俳諧結社教林盟社の社長。狂歌にもすぐれた。明治11年1月19日死去。75歳。江戸出身。本名は永蔵。初号は千輅(せんろ)。別号に月の本,梅の本,梅閑人,渉壁など。編著に「続今人(こんじん)五百題発句集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関為山の関連キーワード月の本為山梅迺本耆山鳥越等栽小野素水橘田春湖明治時代細木香以鈴木綾雄俳人為山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android