コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教導職 キョウドウショク

デジタル大辞泉の解説

きょうどう‐しょく〔ケウダウ‐〕【教導職】

一般国民の教化を目的として、明治5年(1872)教部省におかれた職。神官僧侶(そうりょ)が任命された。同17年廃止。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうどうしょく【教導職】

1872年(明治5)、神官または僧侶などで、一般国民を教えみちびくために設けた職名。84年廃止。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の教導職の言及

【教部省】より

…教部省は社寺の廃立,神職・僧侶の任命など社寺行政全般を統轄する一方で,宗教団体すべてを動員する積極的な国民教化に着手した。全国の神職,僧侶をすべて教導職に任命し,教義として三条教則(敬神愛国,天理人道の明示,皇上奉戴と朝旨遵守)を下付して,教院,講社を通じて説教を行わせた。しかし,信教の自由を求める真宗各派の運動や,教化政策に批判的な開明派官僚の批判を受け,77年廃止。…

【国家神道】より

…それは,仏教を排し,伊勢神宮と宮中祭祀を頂点においた整然たる神社の階層秩序をつくりあげ,神道によって国民の宗教生活を掌握することでイデオロギー的統合をはかろうとするものであった。しかし,仏教の完全な排除には執拗な抵抗があり,仏教の国民生活への定着は度外視できなかったから,72年には教部省大教院を設け,教導職の制度を定めて僧侶も教導職に任命し,仏教や民俗信仰から生まれた講社なども組みいれた宣教体制がとられた。だが,宣教すべき教説の内容は,〈三条の教則〉などとして定められていたから,この新しい宣教体制も仏教や講社に自由な宗教活動を認めたものではなかった。…

【神祇官】より

…神祇官の管轄事項には新たに宣教にあたる宣教使のことがつけ加えられ,長官,次官,正・権判官,主典,史生を置き,判官以上を神祇官職員の兼務とし,各藩に宣教係が置かれ,神道国教化政策が展開された(初代長官は中山忠能神祇伯,次官は福羽美静神祇少副)。しかし明治政府の富国強兵(〈近代化〉)政策の展開の中で,71年には神祇省に格下げされ,さらに翌年にはこれも廃止されて祭典関係の事項は式部寮に,宣教関係の事項は新設の教部省に移され,宣教使はしだいに教導職に吸収された。なお,のち1940‐46年の戦時体制下に,神祇に関する独立の中央官庁として神祇院が一時設置された。…

【大教宣布】より

…富国強兵政策の展開とともに神祇官が神祇省に格下げされ,72年にはそれも廃止されると,宣教使も同時に廃止されたが,この政策は形を変えて引き継がれた。同年新たに設置された教部省の下に教導職を置き,神官,僧侶,民間宗教の教師等に兼任させ,また布教の規準として〈三条の教則〉を定めた。さらに教導職の教育・布教機関として教院(大教院,中教院,小教院)を設けて大規模な国民教化運動を展開した。…

※「教導職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教導職の関連キーワード有栖川宮幟仁親王伊藤六郎兵衛阿蘇 惟孝三条の教則高山茂樹橘田春湖阿部真造西川吉輔新田邦光可部赤邇黒木茂矩島地黙雷芳村正秉荻野独園佐野経彦神道大教宮地厳夫木城花野石河正養教派神道

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android