コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関赤城 せき せきじょう

1件 の用語解説(関赤城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関赤城 せき-せきじょう

1766-1808 江戸時代中期-後期の儒者。
明和3年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)の人。代々荒物商をいとなむが,江戸にでて勉学して塾をひらく。また柳河(やながわ)藩,福岡藩などにつかえ,兵学をおしえた。文化5年5月17日死去。43歳。名は龔。字(あざな)は子敬。通称は吉十郎。別号に懐風館主人。著作に「雲遊後録」「蝦夷風土記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関赤城の関連キーワードゴヤ(年譜)浮世草子上田秋成1808年5月3日中興俳諧明和事件杉村直記カールトン臼杵(市)農書(農業に関する書物)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone