関送(読み)せきおくり

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐おくり【関送】

〘名〙
① 京都から旅立つ人を逢坂の関まで送ること。特に伊勢参宮の人についていう。⇔関迎え
※東国紀行(1544‐45)「かれこれ若衆などいざなひて、又相坂の関送をだにとて」
② (転じて) 一般に、旅立つ人を送って行くこと。見送ること。
※浮世草子・好色一代男(1682)五「さいはい関送(セキオク)りとて『隔子(かうし)の女郎ひとりも残さず一日買』とふれをなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android