コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢参宮 イセサングウ

大辞林 第三版の解説

いせさんぐう【伊勢参宮】

伊勢神宮に参拝すること。伊勢参り。お伊勢参り。参宮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の伊勢参宮の言及

【伊勢参り】より

伊勢神宮への参詣。伊勢参宮ともいう。律令制下では伊勢神宮は国家祭祀の対象であって,天皇以外の奉幣を禁ずる私幣の禁があり,民衆の参詣などはなかった。…

【旅】より

…しかし参詣の旅は聖なる宗教行為であり,かつ永い伝統のあるものであるから,簡単に禁止できず,まして国民の総鎮守とされる伊勢への参宮は,禁止どころか奨励さえされねばならなかった。そこで人々は参詣とくに伊勢参宮を名目として観光の旅に出た。当時人々のあこがれの地はまず京・大和であったが,伊勢神宮は東からも西からもそれに近かったので,伊勢参宮をかねての畿内旅行が多かった。…

※「伊勢参宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊勢参宮の関連キーワード素袍落(素襖落)太神楽(代神楽)参詣記・参宮記東海道中膝栗毛斎藤親基日記御杖[村]三雲[町]河芸[町]伊勢の根付参詣曼荼羅名張[市]往来手形向井千子伊賀街道松井康之伊勢天目伊勢音頭耕雲紀行伊勢乞食松坂踊り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊勢参宮の関連情報