関連痛(読み)かんれんつう(英語表記)referred pain

  • かんれんつう〔クワンレン〕

翻訳|referred pain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連関痛,投射痛ともいう。内臓疾患の場合に一定部位の皮膚に痛みを感じる現象をいう。たとえば,心臓から起る痛みが,胸壁から上肢の下面で感じられ,尿路結石の痛みが鼠径部で感じられる。イギリスの神経学者 H.ヘッド (1861~1940) が研究した関連痛は,ヘッド帯として診断に広く利用されている。内臓からの刺激が内臓感覚線維を経て交感神経細胞にいたり,体壁の感覚線維が鋭敏になるために生じる現象といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の関連痛の言及

【痛み】より

…痛いときに泣いてしまうのはこの連絡があるためである。
[関連痛referred pain]
 内臓の病気の場合,しばしば病変のある場所から離れた皮膚に痛みを感ずる。これを関連痛という。…

【自律神経系】より

…このような神経刺激伝染を受けたニューロンが皮膚からの痛覚を伝えるものであれば,そのニューロンが支配する健康な皮膚領域からの痛みが意識にのぼる結果となる。特定の内臓疾患の病変時に特定部位の健康な皮膚に痛みが放散する現象,すなわち関連痛がこのようにして発生する。
【副交感神経系】

[遠心性要素]
 副交感神経系の遠心性要素は,交感神経系のそれと同じく,節前ニューロンと節後ニューロンとの2者で構成されるが,節前繊維の長さに比較し節後繊維が極端に短いという点が特異である。…

※「関連痛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android