コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関重麿 せき しげまろ

2件 の用語解説(関重麿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関重麿 せき-しげまろ

1836-1904 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)7年9月17日生まれ。相模(さがみ)(神奈川県)小田原藩士。軍事掛で佐幕派の中心人物。慶応4年戊辰(ぼしん)箱根戦役で藩の尊王派に敗れる。脱藩して江戸にのがれ榎本武揚(えのもと-たけあき)の旧幕府海軍に参加。維新後は茨城県相馬郡長,神奈川県足柄(あしがら)下郡長。明治37年7月13日死去。69歳。通称は荘之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

関重麿

没年:明治37.7.13(1904)
生年:天保7.9.17(1836.10.26)
幕末の小田原藩(神奈川県)藩士。父は美章,母は浅田氏春子。近習を経て軍事掛兼周旋方となり,明治1(1868)年鳥羽・伏見の開戦ののち藩命により神奈川に出張,武器購入に当たる。帰藩し,新政府軍への抗戦を進言,同5月,林忠崇並びに遊撃隊の旧幕府軍に呼応した。のち藩論が一変し,藩庁が新政府軍に恭順の姿勢を示すや脱藩,6月,榎本武揚の旧幕府海軍に参加,咸臨丸に乗船して北上を図るが下田に漂着。小田原に帰って自首したが罪は問われず,佐幕をよしとする藩主よりかえって金一包を与えられた。その後足柄県,鹿児島県,茨城県などの官吏を歴任した。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関重麿の関連キーワード石垣山小田原城小田原稲葉正員稲葉正倚岩瀬大江進大久保忠増中垣謙斎松井半平

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone