コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閨閥 ケイバツ

デジタル大辞泉プラスの解説

閨閥

夏樹静子のミステリー短編集。1978年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいばつ【閨閥】

妻の姻戚関係で結ばれた勢力・集団。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の閨閥の言及

【家】より

…さらに明治以降,財界もこの原理によって編成され,同族会社や財閥が作られた。そして,それはさらに,政・財・官界,上流支配階級の間に,政略結婚による閨閥の網の目をはりめぐらした。こうして日本の権力支配は,財閥が,たとえば三井は政友会,三菱は民政党というように,特定の政党,さらに官僚と結びつくかたちで行われた。…

※「閨閥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

閨閥の関連キーワード伐・抜・拔・末・罰・跋・閥山崎豊子夏樹静子田沼時代京極高次宋美齢タノム婦系図孔祥煕集団学閥秦檜

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android