阪倉 篤義(読み)サカクラ アツヨシ

20世紀日本人名事典の解説

阪倉 篤義
サカクラ アツヨシ

昭和・平成期の国語学者 新村出記念財団理事長;京都大学名誉教授。



生年
大正6(1917)年5月23日

没年
平成6(1994)年10月22日

出生地
京都市上京区岡崎入江町(現・左京区)

学歴〔年〕
京都帝国大学文学部国文科〔昭和16年〕卒,京都大学大学院文学研究科国語・国文博士課程〔昭和24年〕修了

学位〔年〕
文学博士〔昭和37年〕

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章〔平成3年〕

経歴
昭和24年京都大学助教授、38年教授、56年退官し、名誉教授。翌年甲南女子大学教授となり、のち学長に就任。平成3年退任。現在新村出記念財団理事長をつとめる。国語学界の重鎮で、三高・京大教養部の教授・部長、さらに神陵史編集委員会代表を務めた。20年がかりで「古語大辞典」の編纂に取り組んでいる。著書に「語構成の研究」「文章と表現」「竹取物語」「日本語の語源」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

阪倉 篤義 (さかくら あつよし)

生年月日:1917年5月23日
昭和時代;平成時代の国語学者。新村出記念財団理事長;京都大学教授
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android