コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪場志業 さかば むねなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪場志業 さかば-むねなり

1833-1911 幕末-明治時代の鉄砲鍛冶(かじ)。
天保(てんぽう)4年9月25日生まれ。常陸(ひたち)水戸の人。鉄砲師国友尚志にまなび,藩主徳川斉昭(なりあき)の命で脇差(わきざし)銃をつくったという。明治16年猟銃を,のち西洋式散弾銃など多種の銃を製造し,阪場銃砲器(現SKB工業)の基礎をきずいた。明治44年10月6日死去。79歳。本姓は立花。名は順蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

阪場志業の関連キーワード明治時代鉄砲鍛冶

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android