コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防弾ガラス ボウダンガラス

3件 の用語解説(防弾ガラスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼうだん‐ガラス〔バウダン‐〕【防弾ガラス】

強化ガラスを何枚か重ね、その間を合成樹脂フィルムで接着し、防弾性能をもたせたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうだんガラス【防弾ガラス bullet‐resistance glass】

拳銃弾,小銃弾などが当たっても破損しないようにつくられたガラスをいい,おもに2枚以上のガラスを合成樹脂のフィルムで接着した合せガラスが用いられる。1903年に考案された合せガラスは改良が加えられ,自動車用風防ガラスとして商品化される一方,航空機装甲車用の防弾ガラスとして利用され,日本においても1932年に製造が開始されている。防弾性を高めるためにはガラスの厚さやガラスの枚数を増やせば容易であるが,軽量化の方向と矛盾するのでガラス板そのものを強化することも必要であり,強化ガラスも利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぼうだんガラス【防弾ガラス】

強化ガラスを無色透明なプラスチック-フィルムで多層にはり合わせ、銃弾の貫通を防げるまで強化した板ガラス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防弾ガラスの関連キーワード安全ガラス銃弾耐水弾帯当たって砕けろ差当って第三の銃弾天国からの銃弾コーナービード

防弾ガラスの関連情報