コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防弾ガラス ボウダンガラス

3件 の用語解説(防弾ガラスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼうだん‐ガラス〔バウダン‐〕【防弾ガラス】

強化ガラスを何枚か重ね、その間を合成樹脂フィルムで接着し、防弾性能をもたせたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうだんガラス【防弾ガラス bullet‐resistance glass】

拳銃弾,小銃弾などが当たっても破損しないようにつくられたガラスをいい,おもに2枚以上のガラスを合成樹脂のフィルムで接着した合せガラスが用いられる。1903年に考案された合せガラスは改良が加えられ,自動車用風防ガラスとして商品化される一方,航空機装甲車用の防弾ガラスとして利用され,日本においても1932年に製造が開始されている。防弾性を高めるためにはガラスの厚さやガラスの枚数を増やせば容易であるが,軽量化の方向と矛盾するのでガラス板そのものを強化することも必要であり,強化ガラスも利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうだんガラス【防弾ガラス】

強化ガラスを無色透明なプラスチック-フィルムで多層にはり合わせ、銃弾の貫通を防げるまで強化した板ガラス。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防弾ガラスの関連情報