防弾ガラス(読み)ボウダンガラス

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうだんガラス【防弾ガラス bullet‐resistance glass】

銃弾,小銃弾などが当たっても破損しないようにつくられたガラスをいい,おもに2枚以上のガラスを合成樹脂のフィルムで接着した合せガラスが用いられる。1903年に考案された合せガラスは改良が加えられ,自動車用風防ガラスとして商品化される一方,航空機,装甲車用の防弾ガラスとして利用され,日本においても1932年に製造が開始されている。防弾性を高めるためにはガラスの厚さやガラスの枚数を増やせば容易であるが,軽量化の方向と矛盾するのでガラス板そのものを強化することも必要であり,強化ガラスも利用される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうだんガラス【防弾ガラス】

強化ガラスを無色透明なプラスチック-フィルムで多層にはり合わせ、銃弾の貫通を防げるまで強化した板ガラス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防弾ガラスの関連情報