コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間層 ちゅうかんそう middle class

翻訳|middle class

6件 の用語解説(中間層の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間層
ちゅうかんそう
middle class

社会成層上の中間部分を構成する諸部分の総称。その実体の多様さ,成層把握基準ならびにアプローチの多様さに応じていくつかの概念が含まれる。マルクス主義は中間層を,資本家=支配層,労働者階級=被支配層のいずれかに分解,収斂する運命にありながら虚偽意識にとらわれて労働者階級の主体的形成を妨げているものとして否定的にとらえている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうかん‐そう【中間層】

社会成層の資本家階級労働者階級との中間に位置する階層。農民・中小企業主などの旧中間層と技術者・管理職などの新中間層とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中間層【ちゅうかんそう】

経済的基準に基づく階級概念で,中産階級中流階級と同義。マルクスによって,資本主義社会成立に貢献し,ブルジョアジープロレタリアートの中間にあって,資本主義社会発展とともに衰退・分解する不安定な階層(中小商工業者・自営農民・自由業者等)とされた。
→関連項目プティ・ブルジョア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかんそう【中間層 middle class】

ミドルクラスの訳語の一つで,最広義には何らかの二つの層の中間に位する社会層を総称する。しかし,その歴史的な実態の相違により,また,その実態を問題にする観点や視角の違いに応じて,概念的に区別しておかなければならないところから,ほかに〈中産階級〉〈中間階級〉〈中流階級〉〈中流階層〉と訳されることもある。つまり,これらはすべてミドルクラスの訳語でありながら,それぞれ指し示す実態とその含意は異なるのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうかんそう【中間層】

中間階級 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中間層
ちゅうかんそう
middle class

社会の階級・階層構造において、その上下いずれの層にも属さず、中間的な部分を構成する雑多な諸階層をさす。したがって、ひと口に中間層といってもその性格はきわめて不明確であり、職業、収入、学歴などの点でも多種多様であって、それ自体行動能力をもたず集団的まとまりを欠く。それはまた、上層部分と下層部分との間にあってつねに動揺し、確固とした基盤をもたず、政治的にも経済的にも社会的にも中間的・浮動的な立場にたち、それに応じた中間的・媒介的な機能を営む、と考えられている。[濱嶋 朗]

旧中間層と新中間層

雑多な要素から構成されるが、しいてグルーピングをすれば、伝統的な生業基盤にたつ農・工・商業自営層および自営の専門的職業者からなる旧中間層(中産階級ともよばれる)と、産業構造の変化につれて大量に出現した事務・サービス・販売関係業務に従事する雇用勤労者、つまり新中間層とに分けられる。前者は生産手段または営業手段その他の資産所有に由来する生活様式の特性によって、生産手段を所有せず自己の労働力を商品として売ることによって生計をたてる雇用労働者の生活様式とは区別される。
 なお、政治学上の機能的概念として、支配層と被支配層を媒介する中間層概念が用いられることがある。この場合、社会のピラミッド型権力機構の末端に位置し、権力に同一化し、被支配層に対し権力を行使するか権力を媒介する役割を果たす一群の人々が考えられている。政治学的には、企業内の第一線監督者、軍隊の下士官、村の重立(おもだち)(旧家)層、政治ボスなどは、支配層と被支配層との中間にあって権力を媒介し、体制順応に水路づける重要な機能を果たしている。
 ところで、中間層という場合の「中間」は、上下いずれかの両極に対して、この両極に分化・分解していない部分を意味している。この中間性は、生産手段の所有に関しては、それを所有して他人労働を搾取する資本家と、それを所有しないために他人によって搾取される労働者に社会が完全に両極分解し尽くすのではなく、その中間形態として生産手段を所有するが他人労働を搾取しない(もしくは搾取してもその度が少ない)層が残留する事態に着目する。この中間的所有者が早晩いずれかの極に分解する傾向にあるとみるかみないかについては意見は分かれるが。また、この中間性は、物質的な豊かさや生活程度あるいは生活様式、生活態度についてみると、金持ちと貧乏人、上層と下層などに区別された場合に、金持ちでも貧乏人でもない多数の人々に当てはまり、これを中間層ないし中流階級として一括することになる。中流階級というときには、豊かさの程度または生活程度が中位の人々を意味する。しかし、この中間性がいかなる基準によってどのように測定されるかは、かならずしも明確ではない。[濱嶋 朗]

階級理論と中間層問題

(1)歴史的には、中世末期の自治都市に興隆してきた第三身分(商工自由業者)が、特権的支配身分と特権のない一般庶民との間の中間層を構成し、市民革命の推進勢力となったが、資本主義確立後はブルジョアジーとプロレタリアートの間に挟まれた小市民層(プチ・ブルジョアジー)(農・工・商業自営層)が中間階級として位置づけられた。これらの伝統的生産様式に携わる人々を旧中間層とよぶ。これに対し、資本主義が高度に発達した段階で、産業構造の変化や産業組織の大規模化・複雑化などに伴い専門・管理・事務・販売などの非現業部門の業務に携わる膨大な雇用労働者群が登場し、資本家・経営者と労働者との中間にあって経営補助労働を行うか、生産現場ではなく事務所でシンボルを用い対人関係において働くようになった。この一群の人々を旧中間層と区別するために新中間層とよんでいるが、これはブルーカラーに対してホワイトカラーともよばれている。
(2)資本主義の高度化につれて旧中間層は没落ないしは停滞傾向をたどり、これにかわって新中間層というきわめて雑多な職業につく階層が急速に増大しつつあるが、この歴史的趨勢(すうせい)はマルクス主義の階級理論にとって重大な問題提起をする結果になった。マルクス主義においては、資本主義社会を構成するのは労資二大階級であり、ほかはいわば中間的・過渡的存在であって、歴史を形成し推進する主体的力量もなく、資本主義の発展につれこの中間部分は労資二大階級に両極分解を遂げるものとされていた。確かに、農民層については両極分解過程は遂行されたが、商工業自営層についてはかならずしも直線的な没落傾向はみられず、むしろ微増する傾向もないではない。そればかりか、旧中間層の停滞傾向に引き比べ、19世紀末以来、とくに第二次世界大戦後の社会変動(産業の高度化、機構の官僚制化など)の過程で新中間層が急激に肥大化した事実は、生産力の飛躍的上昇に伴う生活水準の向上、生活様式の標準化などにより古典的な貧困が姿を消し、窮乏化を解消したかにみえる「平準化された中間階級社会」の到来と相まって、一義的なプロレタリア傾向を否定する有力な根拠となった。[濱嶋 朗]

脱プロレタリア化と中流意識

新中間層の肥大化をどうみるかは、現代産業社会の階級構造の存在形態と発展方向をどうとらえるかという問題に深くかかわっており、そこに中間層問題の問題性があるといってよい。新中間層に代表される小市民的な生活様式と思考様式の一般化は、私生活の快適化を図るあまり体制内に埋没し、階級闘争や階級意識を鈍らせる脱プロレタリア化の作用を及ぼしており、いわゆる中流意識が労働者層や底辺層を含む広範な階層にはびこりつつある事態の背景をなしている。その点で、現代社会は、階級構造の中間部分に広範かつ多様な、しかしその生活と意識においてかなりに同質的な大量の人々(ミドル・マスmiddle mass)が集中する社会である、といえないこともない。[濱嶋 朗]
『ミルズ著、杉政孝訳『ホワイト・カラー』(1957・創元社) ▽大河内一男著『日本的中産階級』(1960・文芸春秋新社) ▽石川晃弘他著『みせかけの中流階級』(1982・有斐閣) ▽岸本重陳著『「中流」の幻想』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中間層の言及

【中産階級】より

…ミドルクラスmiddle classの訳語であり,学術的正確さに欠けるうらみはあるが,中間階級,中間層といった用語と互換的に使われることがある。古くは18世紀フランスにおいて支配階級であった貴族,僧侶に対する〈第三身分〉として,新興の都市商工業者を指すのに用いられた。…

【階層】より

…この問題は〈地位の非一貫性status inconsistency〉と呼ばれ,階層分析における重要課題の一つになっている。
[階層構造と社会移動]
 全体社会の階層構造は一般にピラミッド型をなしていると考えられやすいが,日本を含む先進諸国の階層構造は中間層がふくらみ,底辺部分は逆にすぼまった形をとっている。これは,所得が平準化し,教育が普及し,非熟練職種や汚れ仕事がしだいに機械によっておきかえられていくことの結果である。…

【新中間層】より

…資本主義社会の基本的特徴の一つは〈階級社会〉である。原理的にいえば,資本と賃労働を基軸に,資本主義社会は〈生産手段を所有する資本家階級(ブルジョアジー)〉と〈労働力商品の担い手である労働者階級(プロレタリアート)〉とに両極分解を遂げ,それ以外は両者の中間に位する〈中間階級〉ないしは〈中間層〉として把握される。それとともに,この中間層の〈一部が資本家階級に,その他は労働者階級に〉というかたちをとる階級分解が不断に進行することで,ついには中間層の自己消滅をみる,と解される。…

【中産階級】より

…ミドルクラスmiddle classの訳語であり,学術的正確さに欠けるうらみはあるが,中間階級,中間層といった用語と互換的に使われることがある。古くは18世紀フランスにおいて支配階級であった貴族,僧侶に対する〈第三身分〉として,新興の都市商工業者を指すのに用いられた。…

【ドイツ】より

…48年革命の前後に大きく浮かび上がった社会問題においても,〈近代〉と〈伝統〉の相克は深刻であった。中世以来の都市と農村のローカルなたたずまいを色濃く残したまま急激な近代化・工業化に乗り出したドイツでは,広範な手工業者・商人また農民層の守旧的・身分制的意識が強く,近代化・工業化に伴うブルジョアジーとプロレタリアートの台頭に対して国家の保護を求め,かつ国家の柱石たることを自負する独自の〈中間層〉意識が形成されることとなった。また,近代化・工業化とともに増大の一途をたどるホワイト・カラー層の間にも,領邦国家の官僚制の伝統と相まって,中間層意識が涵養されることとなる。…

【ファシズム】より

…ファシズムの運動は,このように制服を着用した行動隊組織の存在と,それによる暴力の行使,集会と行進による示威,そして強力な指導者を中心とする権威主義的内部秩序(〈指導者原理〉)を特徴とする。 ファシズム運動の支持者層については,国によって違いがあるにしても,いわゆる〈中間層ファシズム論〉の立場が強調するように,新・旧の中間層,つまりホワイトカラーや中小企業主,零細商人,手工業者,農民などが多かった。しかし,ファシズムが一般にどこの国でも,青年層や失業者と未組織労働者などの一部労働者の支持を集めたことも,これに劣らず重要であり,さらに活動家層についてみれば,第1次大戦の戦場体験(塹壕体験)や,戦場で青春を燃焼し尽くして平和な市民生活への適応能力を失った元前線兵士たちの絶望的な行動主義が注目を要する。…

※「中間層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中間層の関連キーワードミドルクラスエコノミークラス純粋理性ミドルミドルアイアンミドルエージミドルホールCクラスFクラスYクラス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中間層の関連情報