コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防火地域・準防火地域 ぼうかちいき・じゅんぼうかちいき

不動産用語辞典の解説

防火地域・準防火地域

市街地における火災の延焼を防止するために設けた地域地区の一種を「防火地域・準防火地域」といいます。
防火地域では、階数が3階以上または延床面積が100平米を超える建築物は耐火建築物、その他は耐火建築物または準耐火建築物としなければなりません。また、準防火地域では、4階以上の建築物は耐火建築物、3階以下の建築物は規模により耐火建築物または
準耐火建築もしくは防火構造としなければなりません。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

防火地域・準防火地域の関連キーワード隣地境界線建築基準法防火戸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android