コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準防火地域 じゅんぼうかちいきquasi-fire protection district

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準防火地域
じゅんぼうかちいき
quasi-fire protection district

建築基準法に基づいて,建設大臣が都市計画区域内で都市計画法の定める手続きによって,防火地域に準ずる地域として,防火地域の周辺に住宅地も含めて広く指定する地域をいう。この地域内では地階を除く階数が4以上または延べ面積が 1500m2をこえる建築物は鉄筋コンクリート造などの耐火建築物 (→耐火構造 ) に,地階を除く階数が3または延べ面積が 500~1500m2の範囲にある建築物は耐火建築物または準耐火建築物に,そして木造建物 (準耐火建築物を除く) は外壁と軒裏で延焼のおそれのある部分を防火構造にしなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リフォーム用語集の解説

準防火地域

都市防災上、市街地の火災の危険を防止するための措置が防火地域に準じて必要とされるとして、都市計画法で定められた地域。建築基準法では、同地域内の一定規模以上の建物や木造建築、屋根や延焼の恐れのある範囲の外壁の開口部などに対して規制が定められている。→防火地域

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

準防火地域の関連情報