阿呆物語(読み)あほうものがたり

デジタル大辞泉の解説

あほうものがたり〔アハウものがたり〕【阿呆物語】

《原題、〈ドイツ〉Der Abentheurliche Simplicissimus Teutschグリンメルスハウゼンの小説。1668年刊行の初版は全5巻。1669年の再版時には続編1巻が付け加えられた。三十年戦争を背景とする一人の少年の成長譚で、ドイツの代表的悪漢小説の一つであり、教養小説の先駆的作品ともされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android