コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿呆物語 アホウモノガタリ

デジタル大辞泉の解説

あほうものがたり〔アハウものがたり〕【阿呆物語】

《原題、〈ドイツ〉Der Abentheurliche Simplicissimus Teutschグリンメルスハウゼンの小説。1668年刊行の初版は全5巻。1669年の再版時には続編1巻が付け加えられた。三十年戦争を背景とする一人の少年の成長譚で、ドイツの代表的悪漢小説の一つであり、教養小説の先駆的作品ともされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

阿呆物語【あほうものがたり】

ジンプリチシムスの冒険

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿呆物語
あほうものがたり

ジンプリチシムス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

阿呆物語の関連キーワードピカレスク小説悪者小説

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android