コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿木燿子 あき ようこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿木燿子 あき-ようこ

1945- 昭和後期-平成時代の作詞家。
昭和20年5月1日生まれ。明大在学中に宇崎竜童とであい,昭和46年結婚。50年夫妻で作詞作曲した「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」がヒット。51年の「横須賀ストーリー」など山口百恵のヒット曲のおおくを夫とともに手がけた。女優,小説家としても活躍。長野県出身。本名は木村広子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

阿木 燿子


芸名
阿木 燿子

性別
女性

出身地
神奈川県

職種
文化人

プロフィール
宇崎竜童と結婚後、彼の率いるバンド「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」のために書いた曲『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』で作詞家デビュー。その後、宇崎と共に山口百恵の曲の作詞・作曲を手掛け、山口百恵の黄金時代を支える。沢山のアーティストに詞を提供し、数々のヒット曲を世に出している。女優としても、多くのドラマ、映画、舞台に出演し、その魅力を存分に発揮している。近年はライフワークとして、近松門左衛門の「曽根崎心中」とフラメンコを融合させた作品『フラメンコ曽根崎心中』の公演をプロデュースし、上演を重ねている。同作品は2001年度の芸術祭舞踊部門で優秀賞を受賞。2004年3月にはスペイン・へレスにて、日人初のフラメンコフェスティバルにも同公演で参加。小説やエッセイ等の執筆活動の他、『TANNKA 短歌』で初の映画監督に挑戦。幅広い活躍を続けている。2002年からコーラスグループ「ひふみレインボー」を主宰し、コーラス活動にも力を注いでいる。また赤坂の一ツ木通りで、いろいろなジャンルの音楽やダンスが楽しめるレストラン&ライブ「ノヴェンバー・イレブンス 1111」を経営。2006年、紫綬褒章を受章。

代表作品
著作『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』 / 舞台『フラメンコ曽根崎心中』 / 映画『TANNKA 短歌』

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

阿木燿子の関連キーワード港のヨーコ ヨコハマ ヨコスカカリフォルニア・コネクション吉田 文吾(5代目)キッスは目にして!想い出がいっぱい想い出ぼろぼろ薔薇の花みだらDESIRE魅せられてRISKYはがゆい唇E気持

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿木燿子の関連情報