コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿木燿子 あき ようこ

2件 の用語解説(阿木燿子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿木燿子 あき-ようこ

1945- 昭和後期-平成時代の作詞家。
昭和20年5月1日生まれ。明大在学中に宇崎竜童とであい,昭和46年結婚。50年夫妻で作詞作曲した「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」がヒット。51年の「横須賀ストーリー」など山口百恵のヒット曲のおおくを夫とともに手がけた。女優,小説家としても活躍。長野県出身。本名は木村広子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

阿木 燿子


芸名
阿木 燿子

性別
女性

出身地
神奈川県

職種
文化人

プロフィール
宇崎竜童と結婚後、彼の率いるバンドダウンタウンブギウギ・バンド」のために書いた曲『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』で作詞家デビュー。その後、宇崎と共に山口百恵の曲の作詞・作曲を手掛け、山口百恵の黄金時代を支える。沢山のアーティストに詞を提供し、数々のヒット曲を世に出している。女優としても、多くのドラマ、映画、舞台に出演し、その魅力を存分に発揮している。近年はライフワークとして、近松門左衛門の「曽根崎心中」とフラメンコを融合させた作品『フラメンコ曽根崎心中』の公演をプロデュースし、上演を重ねている。同作品は2001年度の芸術祭舞踊部門で優秀賞を受賞。2004年3月にはスペイン・へレスにて、日人初のフラメンコフェスティバルにも同公演で参加。小説やエッセイ等の執筆活動の他、『TANNKA 短歌』で初の映画監督に挑戦。幅広い活躍を続けている。2002年からコーラスグループ「ひふみレインボー」を主宰し、コーラス活動にも力を注いでいる。また赤坂の一ツ木通りで、いろいろなジャンルの音楽やダンスが楽しめるレストラン&ライブ「ノヴェンバー・イレブンス 1111」を経営。2006年、紫綬褒章を受章。

代表作品
著作『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』 / 舞台『フラメンコ曽根崎心中』 / 映画『TANNKA 短歌』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿木燿子の関連キーワード神奈川県横浜市戸塚区秋葉町神奈川県横須賀市秋谷神奈川県横浜市神奈川区神奈川神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町神奈川県横浜市神奈川区台町神奈川県横浜市神奈川区宝町神奈川県横浜市神奈川区西神奈川神奈川県横浜市神奈川区東神奈川神奈川県横浜市磯子区洋光台神奈川県相模原市中央区陽光台

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿木燿子の関連情報