阿武隈渓谷県立自然公園(読み)あぶくまけいこくけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿武隈渓谷県立自然公園
あぶくまけいこくけんりつしぜんこうえん

宮城県最南部,福島県に隣接する丘陵地域に広がる自然公園。丸森町に属する。面積 43.03km2。 1988年指定。古くから船下りで知られる阿武隈渓谷と不動岩や清滝などの名所を有する内川渓谷を中心に,五福谷川,夫婦岩など,変化に富んだ自然景観に恵まれている。県内ではこの地域にしかみられないフタバアオイタマアジサイのほか,宮城県を北限とするマメヅタウラジロガシが生育する。またニホンイノシシの生息北限地となっているほか,ハクビシンニホンカモシカも生息。不動尊公園には国民宿舎キャンプ場が整備されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android