コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸森町 まるもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸森〔町〕
まるもり

宮城県最南端,阿武隈川の下流域にある町。福島県に接する。 1897年町制。 1954年金山町および大内,小斎 (こさい) ,館矢間 (たてやま) ,大張 (おおはり) ,耕野 (こうや) ,筆甫 (ひっぽ) の6村と合体。中央部から南部は阿武隈山地の北部を占める山間地帯で,一部の阿武隈川流域は水田地帯。中心集落の丸森は角田盆地南部の谷口集落で,江戸時代には阿武隈川舟運の中継河港として繁栄した。古くから養蚕が行われ,金山地区は宮城県での近代製糸工場の発祥地。米作,野菜栽培のほか酪農,養蚕が盛ん。北東部の阿武隈川中流一帯は阿武隈渓谷県立自然公園に属する。阿武隈川沿いに阿武隈急行,国道 349号線が,北東部を国道 113号線が通る。面積 273.3km2。人口 1万3972(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸森町の関連情報