阿蘇内牧[温泉](読み)あそうちのまき

世界大百科事典 第2版の解説

あそうちのまき【阿蘇内牧[温泉]】

熊本県北東部,阿蘇郡阿蘇町にある温泉。内牧温泉,阿蘇温泉ともいう。阿蘇山北半部の火口原,阿蘇谷西部に位置し,黒川に沿う。セッコウ泉,40~55℃。1898年に発見されて以来,阿蘇山麓を代表する温泉として発展した。豊肥本線内牧駅および阿蘇駅からバスの便がある。北方大観峰の展望台からは,阿蘇の眺めが雄大である。夏の平均気温が20℃前後のため避暑客でもにぎわう。九州横断自動車道(やまなみハイウェー)を通る観光客の利用も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の阿蘇内牧[温泉]の言及

【阿蘇[町]】より

…熊本県北部,阿蘇郡の町。1954年内牧町と黒川,永水,尾ヶ石,山田の4村が合体,改称。人口1万9190(1995)。北は阿蘇山の外輪壁に囲まれ,南に中央火口丘がそびえ,外輪山の一角大観峰からの眺望がすぐれ,全域が阿蘇国立公園に属する。中心の内牧は天正初年,阿蘇氏の一家臣が内牧城を築いたころから町を形成,その後江戸時代に熊本,大分鶴崎を結ぶ参勤交代路である豊後街道の宿場町となり,城の本丸跡に藩主の使うお茶屋,近くにお客屋,郡の政庁郡代も置かれた。…

※「阿蘇内牧[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android