コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿蘇温泉 あそおんせん

3件 の用語解説(阿蘇温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿蘇温泉
あそおんせん

熊本県北東部,阿蘇市北部の阿蘇谷にある温泉。内牧温泉とも呼ばれる。 1918年国鉄豊肥本線の開通により温泉町として発展。泉源は 30~40ヵ所もあり,旅館,保養所が多い。泉質は硫酸塩泉

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕阿蘇温泉(あそおんせん)


阿蘇内牧温泉(あそうちのまきおんせん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿蘇温泉
あそおんせん

熊本県北東部、阿蘇市内牧(うちのまき)にある温泉。内牧温泉ともいわれる。泉質は硫酸塩泉。湯量が豊かなうえに阿蘇五岳が一望のもとに収められる。突井戸(つきいど)を掘った際、高温の温水が偶然に湧出(ゆうしゅつ)(1898)したのが、阿蘇温泉誕生の契機となった。徳富蘇峰(そほう)命名の大観峰(だいかんぼう)が間近にあること、夏目漱石(そうせき)が長期逗留(とうりゅう)して、小説『二百十日』を脱稿したこと、さらに鉄道の開通、登山道の整備などが相まって、阿蘇南麓(なんろく)の温泉群をしのぐ浴客を集めるようになった。当初、黒川右岸に偏っていた温泉街は、第二次世界大戦後の企業、官公庁の保養所建設ブームにのって、左岸にも拡大し、いまやゴルフ場、スケート場なども整い、総合レジャーランド化している。JR豊肥(ほうひ)本線内牧駅あるいは阿蘇駅からバスで約15分。なお、阿蘇市赤水(あかみず)にある赤水温泉も阿蘇温泉とよぶ。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿蘇温泉の関連キーワード阿蘇大観峰熊本県阿蘇市赤水阿蘇〈町〉一の宮〈町〉熊本県阿蘇市小里熊本県阿蘇市黒川熊本県阿蘇市波野波野熊本県阿蘇市山田熊本県阿蘇市湯浦

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿蘇温泉の関連情報