コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九州横断道路 きゅうしゅうおうだんどうろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九州横断道路
きゅうしゅうおうだんどうろ

九州の中央部を東西に走る観光道路。別府-長崎間で全長約 300km。中心は別府-久住 (九重) 高原阿蘇山を結ぶ別府阿蘇道路 (やまなみハイウェー) で,1964年完成。ほかに島原道路,雲仙道路などと国道 57号線,三角島原国道フェリーを含む。沿線には城島,飯田,瀬ノ本などの高原,九重,阿蘇,雲仙などの火山群とその周辺の温泉群があり,変化に富む。九州中央部の観光,産業,経済,文化の発展に寄与するところが大きい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

九州横断道路【きゅうしゅうおうだんどうろ】

別府から阿蘇くじゅう国立公園を横断して熊本に至り,三角港から有明海をフェリーボートで島原に渡り(2006年フェリー廃止),雲仙国立公園を経て長崎に至るルートの総称。
→関連項目くじゅう連山九重[町]タデ原湿原

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

九州横断道路の関連キーワード日本道路公団湯平[温泉]黒川[温泉]寒ノ地獄温泉南小国[町]産山[村]由布院温泉由布院盆地瀬ノ本高原別府温泉郷九重[町]牧ノ戸峠飯田高原千町無田鉄輪温泉黒川温泉城島高原油屋熊八鶴見岳別府市

九州横断道路の関連情報