コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火口原 かこうげん crater floor

6件 の用語解説(火口原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火口原
かこうげん
crater floor

複式火山の外輪山中央火口丘との間に存在する谷または平坦地。外輪山壁,中央火口丘斜面からの崩落物や,中央火口丘からの噴出物が谷を埋めて平坦地をつくることが多い。箱根火山の仙石原,赤城火山の新坂平など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かこう‐げん〔クワコウ‐〕【火口原】

複式火山の、中央火口丘外輪山との間の平地。箱根仙石原(せんごくはら)など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

火口原【かこうげん】

大きな火口やカルデラの内部が平たんになった部分。たとえば箱根の仙石原,阿蘇の南郷谷阿蘇谷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かこうげん【火口原 crater floor】

大型の火口あるいはカルデラの底部の平坦地をいう。中央火口丘が存在する場合には火口原は環状や三日月状の平面形になる。阿蘇の阿蘇谷と南郷谷はその好例である。火口原に水がたまると火口原湖(たとえば十和田湖)が生じるが,それが埋積または排水されて露出した旧湖底(たとえば箱根仙石原)も火口原とよぶ。このように,火口原は後の火山噴出物や火口壁・カルデラ壁からの崩落物,湖成堆積物でできている。【鈴木 隆介】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かこうげん【火口原】

大きな火口、またはカルデラの内部が平らになった所。箱根の仙石原や阿蘇の阿蘇谷など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火口原
かこうげん

複式火山(複合火山)の中で、外輪山と中央火口丘との間にある平坦(へいたん)な低地。火山の山頂部が断層などによって陥没し、カルデラを形成したあとに、新しい火山が中央付近に噴出すると、もとの火口底は火口原として残る。箱根火山の仙石(せんごく)原、阿蘇(あそ)火山の阿蘇谷や南郷谷はその好例。阿蘇火山の火口原は広大な面積を有し、集落や耕地が開け、多くの人口を収容している。[市川正巳・村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火口原の関連キーワード軽石流カルデラ湖二重式火山引退カルデラ貫入カルデラ子持カルデラ側カルデラ中央カルデラ爆発カルデラ屈斜路カルデラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火口原の関連情報