コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大観峰 だいかんぼう

4件 の用語解説(大観峰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大観峰
だいかんぼう

熊本県北東部,阿蘇市北部にある阿蘇外輪山 (→阿蘇山 ) の一峰。標高 936m。もと遠見ヶ鼻と呼ばれていたが,昭和初期に徳富蘇峰が展望の雄大さをたたえて命名。ここから見る阿蘇五岳は釈迦の涅槃像に似ているといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいかん‐ぼう〔ダイクワン‐〕【大観峰】

熊本県阿蘇市にある山。阿蘇外輪山最高峰で、標高936メートル阿蘇五岳九重山を一望できる。徳富蘇峰による命名。遠見(とおみ)ヶ鼻。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大観峰【だいかんぼう】

熊本県北部,阿蘇火山の外輪山の一峰。遠見ヶ鼻とも。標高936m。北東にくじゅう連山,南に阿蘇谷を隔てて阿蘇五岳を望む展望地。阿蘇町(現・阿蘇市)と杖立温泉を結ぶバスが通じる。
→関連項目阿蘇くじゅう国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大観峰
だいかんぼう

熊本県北東部、阿蘇(あそ)市山田字小池に位置する阿蘇外輪山の最高峰(標高936メートル)。地方(じかた)ではカルデラに岬のように突出した地形を「鼻」とよぶことから、「遠見(とおみ)ヶ鼻」ともいう。1932年(昭和7)内牧(うちのまき)温泉に逗留(とうりゅう)し、この「鼻」に小登山した徳富蘇峰(とくとみそほう)が、この地からの阿蘇五岳ならびに九重(くじゅう)連峰の眺望のよさに驚嘆し、「大観峰」と称してより、この名が広まる。とくに、秋の火口原を埋める雲海の眺めは格別なものとされている。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大観峰の関連キーワード阿蘇一の宮[町]熊本県阿蘇市赤水阿蘇〈町〉熊本県阿蘇市小里熊本県阿蘇市黒川波野〈村〉熊本県阿蘇市波野波野熊本県阿蘇市山田熊本県阿蘇市湯浦

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大観峰の関連情報