コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大観峰 だいかんぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大観峰
だいかんぼう

熊本県北東部,阿蘇市北部にある阿蘇外輪山 (→阿蘇山 ) の一峰。標高 936m。もと遠見ヶ鼻と呼ばれていたが,昭和初期に徳富蘇峰が展望の雄大さをたたえて命名。ここから見る阿蘇五岳釈迦涅槃像に似ているといわれる。南麓阿蘇温泉があり,一帯阿蘇くじゅう国立公園に属する。近くを国道 212号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいかん‐ぼう〔ダイクワン‐〕【大観峰】

熊本県阿蘇市にある山。阿蘇外輪山の最高峰で、標高936メートル。阿蘇五岳九重山を一望できる。徳富蘇峰による命名。遠見(とおみ)ヶ鼻。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大観峰【だいかんぼう】

熊本県北部,阿蘇火山の外輪山の一峰。遠見ヶ鼻とも。標高936m。北東にくじゅう連山,南に阿蘇谷を隔てて阿蘇五岳を望む展望地。阿蘇町(現・阿蘇市)と杖立温泉を結ぶバスが通じる。
→関連項目阿蘇くじゅう国立公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大観峰
だいかんぼう

熊本県北東部、阿蘇(あそ)市山田字小池に位置する阿蘇外輪山の最高峰(標高936メートル)。地方(じかた)ではカルデラに岬のように突出した地形を「鼻」とよぶことから、「遠見(とおみ)ヶ鼻」ともいう。1932年(昭和7)内牧(うちのまき)温泉に逗留(とうりゅう)し、この「鼻」に小登山した徳富蘇峰(とくとみそほう)が、この地からの阿蘇五岳ならびに九重(くじゅう)連峰の眺望のよさに驚嘆し、「大観峰」と称してより、この名が広まる。とくに、秋の火口原を埋める雲海の眺めは格別なものとされている。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大観峰の関連キーワード熊本県阿蘇市山田阿蘇内牧[温泉]熊本県阿蘇市阿蘇内牧温泉トロリーバス阿蘇[町]黒部ダム立山

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大観峰の関連情報