コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大観峰 だいかんぼう

4件 の用語解説(大観峰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大観峰
だいかんぼう

熊本県北東部,阿蘇市北部にある阿蘇外輪山 (→阿蘇山 ) の一峰。標高 936m。もと遠見ヶ鼻と呼ばれていたが,昭和初期に徳富蘇峰が展望の雄大さをたたえて命名。ここから見る阿蘇五岳は釈迦の涅槃像に似ているといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいかん‐ぼう〔ダイクワン‐〕【大観峰】

熊本県阿蘇市にある山。阿蘇外輪山最高峰で、標高936メートル阿蘇五岳九重山を一望できる。徳富蘇峰による命名。遠見(とおみ)ヶ鼻。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大観峰【だいかんぼう】

熊本県北部,阿蘇火山の外輪山の一峰。遠見ヶ鼻とも。標高936m。北東にくじゅう連山,南に阿蘇谷を隔てて阿蘇五岳を望む展望地。阿蘇町(現・阿蘇市)と杖立温泉を結ぶバスが通じる。
→関連項目阿蘇くじゅう国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大観峰
だいかんぼう

熊本県北東部、阿蘇(あそ)市山田字小池に位置する阿蘇外輪山の最高峰(標高936メートル)。地方(じかた)ではカルデラに岬のように突出した地形を「鼻」とよぶことから、「遠見(とおみ)ヶ鼻」ともいう。1932年(昭和7)内牧(うちのまき)温泉に逗留(とうりゅう)し、この「鼻」に小登山した徳富蘇峰(とくとみそほう)が、この地からの阿蘇五岳ならびに九重(くじゅう)連峰の眺望のよさに驚嘆し、「大観峰」と称してより、この名が広まる。とくに、秋の火口原を埋める雲海の眺めは格別なものとされている。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大観峰の関連情報