コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部文助 あべ ぶんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿部文助 あべ-ぶんすけ

1839-1923 明治-大正時代の神職。
天保(てんぽう)10年4月2日生まれ。明治11年青森県浪岡八幡宮祠官となる。博学多才で,長慶天皇陵伝承地を調査したほか,抱山(かかえやま)の山林紛争が多発したことから「浪岡村抱山沿革誌」をあらわす。初代浪岡村長をつとめた。大正12年1月15日死去。85歳。陸奥(むつ)津軽郡(青森県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

阿部文助の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助オブレノビチ家タンジマートショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)村田実サルスエラ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone