コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿里山脈 ありさんみゃく

世界の観光地名がわかる事典の解説

ありさんみゃく【阿里山脈】

台湾島中南部の嘉義(かぎ、チャーイー)県にある、18の山々の総称。国家風景区(国定公園)に指定されている。主峰の大塔(だいとう)山(標高2663m)をはじめ2500m級の峰々が連なる一帯で、そのうち1400haが「阿里山国家森林遊楽区」に指定されており、日の出・夕霞・雲海・鉄道・神木の「五大奇観」が有名である。台北駅から特急自強号で3時間半ほどの嘉義駅で下車、嘉義駅から阿里山森林鉄路阿里山線で3時間半、または、バスで2時間強のところにある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

阿里山脈の関連キーワードコワンツーリン(関子嶺)温泉ツォンウェン(曾文)渓シャンフー(珊瑚)潭ピントン(屏東)平原タイナン(台南)平原カオピン(高屏)渓タイナン(台南)県チヤイー(嘉義)県台湾山脈濁水渓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android