雲海(読み)ウンカイ

  • くものうみ

デジタル大辞泉の解説

高山の山頂や飛行機から見下ろしたときに、一面に広がって海のように見える雲の上面。 夏》「―や太き幹ほど濡れて立つ/楸邨
雲がはるかに見える、果てしない海原。
「―沈々として、青天既に暮れなんとす」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

山頂や飛行機から見おろした雲の上面が海面のように見えること。層雲層積雲高層雲など,層状の雲で,夜〜早朝は表面がなめらかだが,日中は上昇気流のため荒く波立つ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

宮崎のそば焼酎。酒名は、高千穂にわきたつ雲海にちなみ命名九州山地伏流水を使用し、減圧蒸留で造る。「吉兆雲海」は独自の酵母「日向灘黒潮酵母」を使用した本格そば焼酎。原料はそば、米、麦麹。アルコール度数20%、25%、30%。蔵元の「雲海酒造」は昭和42年(1967)創業。所在地は宮崎市昭栄町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高山や航空機上から層積雲を斜めに見下ろすと、雲頂が重なり合い水平線まで雲で埋め尽くされているように見えることがある。このような状態を雲海という。雲海を下から見ると雲の切れ目に青空が見えることがある。大気下層の湿度が高く、上空2キロメートル付近に逆転層が存在する場合に発生する。

[木村龍治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 雲がはるかかなたに見える、果てしない海原。また、水平線のかなたで交わる雲と海。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・過山鹿三崎詠之〈釈蓮禅〉「雲海沈々望自由、聞名蓬島不遙求」 〔孟浩然‐除夜楽城逢張少府詩〕
② 山頂や飛行機などから見下した時、海のように一面に広がって見える雲。《季・夏》
※焚火(1920)〈志賀直哉〉「鳥居峠に雲海を見に行った時に経験した」 〔宋之問‐桂州三月三日詩〕
(the Sea of Clouds の訳語) 月面上の名称の一つ。地球から見て表側、中央南西寄りの平坦部。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雲海の言及

【雲】より


【地形性の雲その他】
いわし雲,うろこ雲,さば雲絹積雲の一種で魚のうろこのように見える雲。 雲海層積雲や積雲などがたなびいたときに山の上から眺めると海面のように見えるのでこの名がある。富士山の場合,日の出,日の入りのときに雲海の上に山の影を見ることがあり,影富士といっている。…

※「雲海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲海の関連情報