阿防・阿傍(読み)あぼう

精選版 日本国語大辞典「阿防・阿傍」の解説

あ‐ぼう ‥バウ【阿防・阿傍】

〘名〙 (「あほう」とも) 地獄獄卒一種。頭と、手と胴体は人間、力はを抜くほど強く、三つまたの鉄叉(てっさ)で人間をかまの中に投げ込んで責めるという。阿防羅刹(らせつ)。速疾鬼(そくしつき)
御伽草子・仏鬼軍(国文東方仏教叢書所収)(室町中)「しかれども獄卒阿防等、心をたおさずはつみ出てぞたたかひける」 〔五分律‐二八〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android