コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獄卒 ゴクソツ

デジタル大辞泉の解説

ごく‐そつ【獄卒】

牢獄(ろうごく)で、囚人を取り締まる下級役人。獄丁(ごくてい)。
地獄で死者を責めるという悪鬼。
義理や人情を解さない人をののしっていう語。
「やい、天罰知らぬ―め」〈浄・布引滝

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごくそつ【獄卒】

牢獄で、囚人の取り締まりにあたる下級の役人。獄丁ごくてい
〘仏〙 地獄で、亡者を責めさいなむ鬼。
義理や人情を解さぬ人をののしっていう語。 「天罰しらぬ-め/浄瑠璃・布引滝」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の獄卒の言及

【牢屋】より

…獄囚の取扱いに関し獄令と断獄律に規定がみえ,席薦衣食は官より支給し,病気のときは家人の看侍を許すが,紙筆兵刃杵棒の類の持込みは認めず,女囚は男囚と所を異にし,産月に臨むと一時出獄を許すことになっていた。獄卒の違法行為を取り締まるため,弾正台官人が巡検することになっていたが,獄囚らは劣悪な条件下に置かれていた。【森田 悌】 鎌倉幕府で既決・未決の囚人を拘禁することを禁獄,召禁,召籠というから,拘禁するための獄舎,籠(牢)舎があったはずだが,その実態は不明である。…

※「獄卒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

獄卒の関連キーワード油屋五郎左衛門雷太郎強悪物語エインズワース獄守り・獄守子捕ろ子捕ろ牛頭・馬頭阿防・阿傍牛頭馬頭等活地獄滅鬼積鬼浄瑠璃卒・率火の車目連記極・獄岳王廟閻魔卒地獄衆生苛む

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

獄卒の関連情報