陀田勘助(読み)だだ かんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陀田勘助 だだ-かんすけ

1902-1931 大正-昭和時代前期の詩人,労働運動家。
明治35年1月15日生まれ。大正12年松本淳三らと「鎖」を創刊,「悍馬」「無産詩人」などに参加。アナーキズム詩人として活躍するが,のち労働運動に専念。昭和3年共産党にはいり,東京地方委員長となるが検挙され,昭和6年8月22日豊多摩刑務所で獄死。30歳。38年「陀田勘助詩集」が刊行された。栃木県出身。開成中学中退。本名は山本忠平

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android