陀田勘助(読み)だだ かんすけ

  • 陀田勘助 だだ-かんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1902-1931 大正-昭和時代前期の詩人,労働運動家。
明治35年1月15日生まれ。大正12年松本淳三らと「鎖」を創刊,「悍馬」「無産詩人」などに参加。アナーキズム詩人として活躍するが,のち労働運動に専念。昭和3年共産党にはいり,東京地方委員長となるが検挙され,昭和6年8月22日豊多摩刑務所で獄死。30歳。38年「陀田勘助詩集」が刊行された。栃木県出身。開成中学中退。本名山本忠平

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android