限界資本係数(読み)げんかいしほんけいすう(英語表記)incremental capital output ratio; marginal capital coefficient

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限界資本係数
げんかいしほんけいすう
incremental capital output ratio; marginal capital coefficient

生産量 (Y) 1単位増加するのに必要な資本 (K) の追加量。生産量の増大を ΔY ,資本の追加量を ΔK とすると,一般に ΔK/ΔY で表わされる。また経済成長率 ΔY/Y は次式すなわち,貯蓄率 ΔK/Y ( ΔK は投資であり,投資と貯蓄は一致する) と限界資本係数の逆数の積で表わされる。 ΔY/YΔK/YΔY/ΔK 。経済変動論,成長論で重要な概念であり,R.F.ハロッドにより用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんかい‐しほんけいすう【限界資本係数】

〘名〙 生産量一単位の増加分と、それに必要とされる資本の増加分との比率。一般に、国民純生産の増加分に対する国民経済全体の実物資本の増加分の割合をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android