コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限界輸入性向 げんかいゆにゅうせいこうmarginal propensity to import

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限界輸入性向
げんかいゆにゅうせいこう
marginal propensity to import

国民総生産 GNPが変化したときに輸入がどれだけ増加するかを示す値。輸入の増分ΔM ,GNPの増分を ΔY としたときに ΔM/ΔY で表わされる。限界輸入性向が高いということは,需要が拡大したとき,それが輸入に向う割合が高いことを示し,景気の上昇とともに貿易収支が赤字化しやすいことを示す。なお,輸入総額の GNPに対する比率 (M/Y) は,平均輸入性向または平均輸入依存度と呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

限界輸入性向の関連キーワード外国貿易乗数貿易乗数

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android