三面等価の原則(読み)サンメントウカノゲンソク

世界大百科事典 第2版「三面等価の原則」の解説

さんめんとうかのげんそく【三面等価の原則】

経済活動の循環のなかでは,国民所得は生産,分配,支出という三つの形態をとる。それらは生産国民所得,分配国民所得,支出国民所得と呼ばれる。三つの国民所得は,同一の実体を異なった側面から把握したにすぎないので,理論的には等価関係にある。この関係が〈国民所得の三面等価の原則〉といわれる。生産国民所得は各産業の純生産物で,国民純生産ともいわれる。分配国民所得は賃金利潤利子地代などの生産要素への支払から成る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の三面等価の原則の言及

【消費】より

…第1は,各生産部門の生産活動の結果として生み出された付加価値の合計として,第2は,各生産部門の付加価値が経済主体の所得として分配された結果として,そして最後に,経済主体の所得が種々の支出に費やされた結果としても把握できる。三つの方法は,一つの経済活動をそれぞれ生産・分配・支出の別の角度からとらえようとしたもので,等価である(三面等価の原則という)。3番目の支出面からの把握では,国民経済計算上では,次のように定義される。…

※「三面等価の原則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる