コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院事 いんじ

世界大百科事典内の院事の言及

【公事】より

…それは国衙の公事に似て,年貢の運上のための人夫役や権門寺社の館や堂舎の警固役であり,朝廷の公事に似て,権門寺社の年中行事の諸費用の課役であった。そうした権門寺社の公事のなかで,院政時代以後に国政を支配した院の公事は,諸国に課されたが,これは〈院事〉 〈院役〉と呼ばれ,勅事と並んで重視された。鎌倉時代になると,鎌倉幕府は公事の費用を諸国の御家人に課したが,これは関東公事(くうじ)と呼ばれ,大番役とともに重要な課役であった。…

※「院事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

院事の関連キーワード地方公営企業法の全部適用ロビイング規制法ポベドノスツェフG. コンション公営企業繰出金公営事業会計船尾 栄太郎小野 小野三国家社会主義橋本富三郎議院事務局倉持 秀峰小野小野三勝間田清一平野 国臣松島 順正自治体病院チンキム和田博雄石井 満

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android