コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東寺百合文書 とうじひゃくごうもんじょ

3件 の用語解説(東寺百合文書の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

東寺百合文書【とうじひゃくごうもんじょ】

京都東寺に伝来した平安時代以来の文書。東寺より京都府に譲渡され,現在府立総合資料館蔵。2万5000余通にのぼり,古代・中世の政治・経済・宗教史研究の必須史料。重要文化財
→関連項目葛野荘村櫛荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうじ‐ひゃくごうもんじょ〔‐ヒヤクガフモンジヨ〕【東寺百合文書】

東寺(教王護国寺)に伝わる文書群。平安時代から江戸時代初期までの仏事や寺院経営などに関するさまざまな文書で、数は2万通を越える。名称は、加賀藩主前田綱紀が文書を収めるために百の桐箱を寄進したことから。国宝。また、平成27年(2015)には世界の記憶に指定された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東寺百合文書
とうじひゃくごうもんじょ

京都の東寺(教王護国寺)に伝存した平安~江戸時代初期までの文書。東寺が寺の運営上の必要から集積した文書で、東寺の法会(ほうえ)仏事に関するもの、荘園(しょうえん)経営を中心とした寺院経済に関するものなどである。このなかには各法会組織の議事録である引付(ひきつけ)も多数みられ、単に東寺一山の史料としてだけではなく、日本の古代・中世の政治、経済、社会に関する必須(ひっす)の史料である。ことに東寺の宗教活動が、鎌倉中期以降急速に活発化すること、ほとんど火災の被害にあわなかったことなどの理由から、鎌倉時代中ごろ以降の文書の残存の密度が高い。江戸時代になって、加賀藩5代藩主松雲公(しょううんこう)前田綱紀(つなのり)が、この文書の目録をつくり一部を書写し、100の桐(きり)箱を寄進してこれに収めたところから百合文書と名づけられた。江戸時代以降、ことに明治の初期には、多くの寺社の文書が散逸しているが、この文書がほぼ完全な形で伝えられたのは、綱紀の百合の寄進に負うところが大きい。1967年(昭和42)に東寺から京都府に譲渡され、府立総合資料館で整理を完了、国の重要文化財に指定され一般に公開されている。指定時の文書数は2万4014通である。これ以外の東寺関係文書としては、東寺文書(東寺現蔵)、教王護国寺文書(京都大学文学部所蔵)その他があるが、これらもすべて元はこの百合文書に収められていたものである。2015年(平成27)、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産(現、世界の記憶)に登録された。[上島 有]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東寺百合文書の関連情報