公領(読み)コウリョウ

百科事典マイペディアの解説

公領【こうりょう】

公権力の支配対象である土地。大化改新後の公地公民制の下では全国が公であったが,平安時代に私領として荘園が公権力を排除するに至って,国司の支配地のみが公領と呼ばれた。中世には一般に国衙(こくが)領と呼ばれ,近世には天領の異称。
→関連項目一円知行大番舎人下文名・名田役夫工米

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐りょう ‥リャウ【公領】

〘名〙 公の所有する領地。特に、国司の管理する土地。荘園に対する語。こうりょう。⇔私領
※吾妻鏡‐文治三年(1187)四月二三日「非指庄号之地、有限国保、勿論之公領也」

こう‐りょう ‥リャウ【公領】

〘名〙 朝廷、または官府の領地。江戸時代には幕府の領地もいった。天領。⇔私領
※随筆・秉燭譚(1729)二「諸侯を滅して天下の土地を天子の公領とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の公領の言及

【国衙領】より

…中世において,荘園とならず諸国の国衙が支配した公領。国領とも称した。…

※「公領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報