院尚(読み)いんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「院尚」の解説

院尚 いんしょう

?-? 平安後期-鎌倉時代の仏師
院朝の子。承安(じょうあん)5年(1175)光明心院の造仏で法橋(ほっきょう)となる。文治(ぶんじ)3年神護寺の十二神将像と四天王像,翌年嵯峨堂の乗雲阿弥陀三尊像などを制作。現存の作品はなく,鞍馬寺出土の経筒にそのがみられる。名は院成,院性ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android