コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院尚 いんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

院尚 いんしょう

?-? 平安後期-鎌倉時代の仏師。
院朝の子。承安(じょうあん)5年(1175)光明心院の造仏法橋(ほっきょう)となる。文治(ぶんじ)3年神護寺の十二神将像と四天王像,翌年嵯峨堂の乗雲阿弥陀三尊像などを制作。現存の作品はなく,鞍馬寺出土の経筒にその銘がみられる。名は院成,院性ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

院尚の関連キーワードロンコド(隆科多)中御門天皇飛鳥井雅庸あけほの桜町天皇藤原頼資九条尚経鎌倉時代粛順院賢院朝院派院慶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android